more beauty,more rich

【美体】アトピー・喘息・花粉症を治すために

| 16,489 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

【結論】肉を控え、植物性たんぱく質をとり、善玉菌を増やせ!!

 

アトピー・喘息・花粉症を治すには、「 動物性タンパク質の過剰 」 の食事を正す必要があります。

タンパク質の過剰摂取はアレルギーを起こす原因となります。

特に肉を中心とした 「動物性タンパクを取りすぎていること」 が問題です。

「動物性タンパク」 は、きわめて消化に悪く、腸内環境を著しく悪化させる、アトピーの原因となります。

2001年のデータでは、日本人のタンパクの1日の摂取量は80g。

目安としては、体重1kgあたり、必要タンパクは、0.8~1gです。ですから体重60kgの場合、1日の目安は48~60g、となります。

明らかにタンパク質は量としては過剰です。

アトピーや喘息が増え始めたのは1960年代初頭からです。動物性タンパクの摂取が急激に増えた時期と見事に符合しています。

この40~50年で、動物性たんぱく質の摂取は、倍増し、55%を占めています。

(1~6才のデータでも、動物性タンパクは57%です!)

では、動物性タンパク質が増えたこととアトピーはどう関係しているのでしょうか?

★「動物性タンパク」 は、人間の体では 「きわめて消化に悪く」腸内環境を悪化させます。

(腸には、「免疫システム」 の60%以上が集中しています。  腸の環境悪化すれば、免疫の正常な作動ができなくなります。)

その流れを簡単に見てみます。

  動物性タンパクは、腸内で毒素を発生させます。

   この毒素とは、アンモニア、ヒスタミン、メタンガス、ニトロソアミンなどです。(腸の毒素は、アトピー反応だけでなく、吹き出物や汗のにおいに出てきます。)

過剰なタンパクの多くがアミノ酸にまで分解できず、アレルギー反応を起こします。

②このとき 「活性酸素」 が大量に発生し、腸壁を傷つけ、バリア機能が損なわれて行きます。(タンパク質が未分解のまま腸壁を常時通過する状態が出来てしまうのです。

  •   ③さらに、腸内の「悪玉菌」 が増え、細菌バランスが崩れます。
  • (悪玉菌が、Th2細胞を増やし、IgE抗体を増加させ、過剰な免疫反応が起こります。)

 

★食事から肉を減らし、アレルギー性疾患を治す!

そして、私たちの食事から、野菜や海藻といった「食物繊維」 をふくむ食材摂取が年々減少していることで、腸の掃除ができず、「停滞便」がこびりつき、「腸内細菌バランスの悪化」 に、拍車をかけます。つまり、「動物食の食べすぎ」 によって、次のような流れができてしまうのです。

①消化困難な「動物性タンパク質」が大量に腸に送り込まれると、タンパクが分解されずに腸壁から入り込み、アレルギー反応を起こす。

②腸内に、有毒ガス・活性酸素が発生し、腸壁を傷つける。 そして、常に未分解タンパクの腸壁通過が起るようになる。

③腸内細菌バランスが悪化し、悪玉菌が増える。その結果、IgE抗体が増大するなど、免疫の過剰反応が起るようになる。

 

よって、肉を控え、植物性タンパクを取り、善玉菌を増やしていきましょう!!

 


Fatal error: Allowed memory size of 134217728 bytes exhausted (tried to allocate 85 bytes) in /home/sites/heteml/users/i/-/b/i-blanc/web/wp-includes/cache.php on line 570